WooCommerceで作る通販サイト[設定→一般]

02本体の設定WooCommerceを使いこなす


続いて全体の設定をしていきますが、設定項目はかなりの量なので、一つずつ解説していきます。
WooCommerceの敷居が高いのは、この設定が複雑すぎるからに他なりません。
設定が上手くいけば、とても多機能で便利なECプラグインです。

WooCommerce→設定をクリックすると、最初の画面(タブ)は「一般」設定です。

ここでは「基本設定」と「通貨オプション」を設定します。

基本設定

販売拠点

ショップの所在地の都道府県名を選択。

販売を展開する国

「販売する国を限定する」を選んで、下の「特定の国」で「日本」を選びます(日本は下の方なので下から選ぶと便利です)。

配送可能地域

「販売するすべての国に出荷する」を選択。

お客様の基本地域

何を選んでも構いませんが、今回は「位置情報(Geolocate)」を選びます。

税金を有効にする

チェックを入れ、有効にします。

通知テキスト

チェックボックスは選ばなくて大丈夫です。

15-1


通貨オプション

通貨

「日本/円(¥)」を選択。

通貨記号の表示位置

「左(¥99.99)」を選択。

3桁ごとの区切り文字

「,」カンマを入力。(デフォルトで入力されています)

小数点の区切り文字

「.」ピリオドを入力。(デフォルトで入力されています)

小数点以下の桁数

「0」を入力。(デフォルトで入力されています)
↑2になっている場合は必ず0に変更します!!

15-2

設定が終わったら「設定を保存」します。