WooCommerceで作る通販サイト[設定→送料]

配送地域

この項目は設定が複雑(分かりづらい)です。下記の画面で「配達地域を追加」ボタンを押します。

画面が変わって下記の画面になります。

24

この画面になったら「変更を保存」ボタンを押します。

25

「どこにでも」の欄の一番右にある「+」マークを押します。(重要)
ポップアップが開きますので

28-1

定額送料を設定する場合は

「定額送料」を選んで「配送方法を追加」ボタンを押します。

無料配送を設定する場合は

「無料配送」を選んで「配送方法を追加」ボタンを押します。

両方を設定する場合は

同じ動作を繰り返します。

定額送料も無料配送も利用しない場合

「+」マークを押す必要はありません。


続いて配送方法の詳細を設定します。
(定額送料も無料配送もない場合は次の項目「配送オプション」に移ります。)

無料配送

「どこにでも」の欄の右にある「無料配送」をクリックします。

タイトル

「1万円以上のお買い上げで無料配送」など分かりやすく記載します。

送料無料は必要です…

「無料になる最低注文金額」を選びます。

無料になる最低注文金額

「10000」など、送料無料をにする最低金額を入力します。

27-3-2

MEMO
「送料」のサブタブに「送料無料(旧)」が残っている場合は、「送料無料(旧)」をクリックして、チェックボックスを外して無効化してください。

27-2-6


定額送料

メソッドのタイトル

「送料全国一律1000円」など分かりやすく記載します。

税ステータス

「課税」を選びます。
カート上での表示がスマートです。

金額

定額送料の額を入力します。Ex「1000」など。

104-1

MEMO
税ステータスは、前項の「税→標準税率→送料」の送料にチェックを入れたかどうかと関連してきます。チェックを入れた場合、税ステータスは「課税」です。
どのように表示されるかは「検証」をオススメします。


配送地域の項目は上記のままで構いませんが、分かりやすくするため少し修正します。

25-3

「どこにでも」にマウスを移動させると、下に「表示 | 編集 | 削除」というメニューが現れますので「編集」をクリック。

地域名

「日本全国」と記載。

地域

ドロッブダウンから「日本」を選ぶ。

25-7

設定を保存します。


配送オプション

ショップを「送料無料」や「全国一律料金」で運用する場合。

計算

カートページの送料計算機を有効にする
「・・・計算機を有効に」は、チェックは外します。

住所が入力されるまで、送料を隠す

「・・・送料を隠す」は、チェックを入れます。

配送先

「顧客の請求先住所を基本とする」を選びます。
分かりにくい項目ですが、顧客情報として登録されている住所が「請求先住所」、それ以外に(カートの流れの中で)別の配送先を追記した場合が「配送先住所」です。

26-7


ショップを「地域別送料」等で運用する場合。

計算

カートページの送料計算機を有効にする
「・・・計算機を有効に」は、チェックを入れます。
*この計算機は上手く動かない場合があります。テストしてみて動かない場合は「無効」にします。

住所が入力されるまで、送料を隠す

「・・・送料を隠す」は、チェックを外します。

配送先

「顧客の請求先住所を基本とする」を選びます。

26-6


配送クラス

分かりにくい項目ですが、「定額送料」や「送料無料」で運用するショップの場合は設定の必要はありません。
必要があるのは「大型商品」などで、個別の送料を設定したい場合などです。

以下は設定例です。

27

右下の「配送クラスを追加」をクリックします。

配送クラス

記入例・・・「大型商品」

スラッグ

記入例・・・「largebox」
*スラッグは半角英数字である必要があります。

説明

記入例・・・「大型商品の送料」

51-1

配送クラスを保存します。


配送クラスの設定は「定額送料」の欄に追記されます。(不思議な振る舞いです)
「配送地域」に戻り、「配送方法→定額送料」をクリックします。

51-3

配送クラス費用

“大型商品”配送クラス費用

大型商品に適用する送料を入力します。(例.2160)

配送クラス費用はありません

ここは「N/A」のままにしておきます。

算出形式

通常は「注文毎:最も高額な配送クラスの送料を請求」を選びます。

51-5

設定を保存します。


ヤマト運輸送料

地域別送料を使い、業者を「ヤマト運輸」にする場合は、「Delivery rate for Yamato transport」というプラグインをインストールし有効化します。
この項目を有効化した場合、定額送料ではなくなりますので、定額送料は「無効」にする必要があります。
以下はヤマト運輸の送料の設定です。

有効化/無効化

チェックを入れて有効化します。

エリア別送料

ヤマト運輸で送料を調べて入力していきます。

51-8

入力したら「設定を保存」します。